Lyrics
Track list
Add video

Akai Kingyo (赤い金魚; Red Goldfish) Lyrics
BY  Kyoko Koizumi
ALBUM  Otoko no Ko Onna no Ko


Edit
Kanji
Added by: XxGENESISxX

あの娘が家に来て、僕のこと見てる。
魚眼レンズに映るとき僕は、きっと変な顔。

これでも、あの娘は、真っ赤な尾っぽを可愛く揺らしてる。
クチビルも赤…。

透き通ったガラスの金魚鉢は、ずっと空っぽだった。
あの時、あの娘が、偶然、僕のこと見つけてくれたのさ。

赤い赤い金魚。
水の泡の様に切ないkissをした。
「もう夏が終わるね」小さな声で言って、月の灯り見つめてる。

このまま、蒼い蒼い夜に、君が溶けてしまいそうで怖くなって、
また君を抱きしめてしまう。

プールにうかんだまあるい月が、ゆらゆら一緒に揺れてる。

赤い赤い金魚。
水の泡の様に切ないkissをした。
「ねぇ、夏が過ぎても、秋の風が吹いても、僕のそばにいてくれる?」

このまま、蒼い蒼い夜に、君が溶けてしまいそうで怖くなって、
また君を抱きしめてしまう。

Edit Kanji Lyric Report
No romaji lyrics found.

Wanna add it?

No translated lyrics found.

Wanna add it?


Follow Kyoko Koizumi Share Tweet


JpopAsia   © 2021             Privacy             Terms            
By continuing to browse our site you agree to our use of cookies, Updated Privacy Policy 2.01 and Terms of Service